大豆イソフラボンをたくさん取れば女性ホルモンはアップされてきれいになれる?

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることでよく知られていますね。
確かに、大豆は美肌にも健康にもよさそう。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンな中でもエストロゲン(卵胞ホルモン)に似た作用をします。
エストロゲンは、美容ホルモンと言われており、お肌の張りやツヤに作用してくれます。
しかし、閉経前の若い瀬田の人が早いうちからこれらの成分を過剰にとることは、自前のホルモンんお分泌を妨げてしまう危険が。
なぜなら、エストロゲンと似たような作用をするために、身体がエストロゲンが出たと反応して、自らのエストロゲンの分泌をしなくなってしまうから。
これでは、せっかく自分から出しているはずのエストロゲンは減少し、過剰にとることでプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が妨げられてしまいます。
そのため、ホルモンバランスが乱れ、エストロゲンの過剰摂取によって、PMS<月経前症候群>などが強く出る場合もあるので注意が必要です。
そのために大切なのは摂取量を守ること。
豆乳の摂取量目安は1日約コップ1杯(約200ml)、豆腐にして約1丁程度。まだ若いうちは、規則的な生活をする・ストレスをためないなど、自前のホルモンの分泌システムをしっかり働かせることのほうが先決です。
生活にメリハリをつけ、彩ある日常を送り、体も心もリラックスさせてホルモンのバラン安定させましょう。
そうすることで、女性ホルモンが効率的に機能して、美肌にもつながります。
大豆イソフラボンをたくさん取れば女性ホルモンはアップされてきれいになれる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です